噂のレーシック難民とは何ですか?
ビューラー

噂のレーシック難民とは何ですか?

レーシック難民」。
この、なんだか物々しい言葉を聞いたことがあるでしょうか?
難民という言葉を使うことが適切かはわかりませんが、一般的にこう呼ばれているのは、レーシック手術によって後遺症を持ってしまった人のことをいいます。
レーシックは、いまや普及してきており、手術後は快適な生活を送っているひとが大変多い便利な手術です。

しかし、少し前の、技術や実績がまだ浅いころには、後遺症が残る手術とも言われていました。
さらに、現代のレーシック手術でも、手当の不備や体質によって、術後の経過が良くない人も、少なからず存在します。
レーシックが失敗したという事例よりも、こうした予後に、術後不良が見られるケースは、少なくないようです。

お金をかけて手術をしても、その医療行為によって後遺症や合併症を持ってしまった人の、消費者ホットラインなどもあります。
こうした、国民生活センター、消費者センター等によせられる苦情は、大変多いようです。
では、術後不調とは具体的にどういった症状があるのでしょうか?

最も多い症状の一つは、視力回復は成功したにもかかわらず、眼に不調を訴える場合です。
光がまぶしく感じられて目を開けていられないといった症状があります。
そのため、常にサングラスをしていないと目が不快だとか、PC作業に支障が出ている会社員もいるようです。
そのため、自分だけでなく周囲へも迷惑となってしまっていることに苦痛を感じている人もいるようです。

こうした、術後の不調だけでなく精神的なダメージも含めて、レーシック難民は苦しい日常を送っています。
レーシック手術には、適応検査と、カウンセリングでしっかりと目の状態を確認してから行うものですが、何らかの不手際や、術後の対応によって、こうした不慮の事態が起こりうるのです。
こうした不調を防ぐためには、信頼できる実績のあるクリニックを選ぶことと、手術前後の眼への配慮を忘れないことに尽きます。

技術が進歩した今でも、人間の身体は予測できないことが起こりますので、知識を身に着けることはもちろんのこと、医療行為上のルールをしっかり守って、自分の大切な目を守りましょう!
また、こちらの記事http://www.leqiys.com/08lasik.htmlにはレーシックについて詳しく書いてあります。

このページの先頭へ