レーシック手術後のマスカラはOK?
ビューラー

レーシック手術後のマスカラはOK?

レーシック手術後、おしゃれな女性に特に注意してもらいたいこととして、アイメイクがまず上がります。
術後は、化粧自体もしてはいけないというルールがあります。
してはいけないというよりも、化粧をしてもメイク落としや洗顔をすることが危険なのです。

目に直接触れる可能性があること、そして、メイク落としの際に、メイクの汚れや、メイク落としの液体が目に入ることが懸念されます。
さらに、目を押さえつけたり、こすったりすることも厳禁です。
そのため、レーシック手術後、当日は、化粧はしてはいけないという決まりがあるのです。

洗顔をしてはいけないという理由も同様で、当日はまず顔を濡らさないことが条件となります。
アイメイクに関しては、さらに3日我慢しましょう。
痛みもなく、視力が正常に回復している場合は、ついつい忘れていつも通りの化粧や洗顔を行ってしまうことがよくあるようですが、正常と自分で判断することは危険です。

念のため、レーシック当日はシャワーも禁止になります。
目に異物や水分が入る可能性のあることは完全に避けるよう、医師から指示されます。
そのため、特にマスカラについては、落とす際にまつ毛に直接触れたり、メイク落としのオイルや液体を直接まぶたに付けて行う洗浄が必要なので、避けたほうがいいアイテムでしょう。
アイメイクができるようになっても、メイクの後は、拭き取り洗顔を使うとか、なるだけ安定するまでの期間は目に配慮した工夫が必要になってきます。

そうした覚悟が、レーシック手術前に必要かもしれませんね。
とりわけ、目そのものに刺激となる化粧はしないようにすることが一番でしょう。
毎日同じメイクをしていないとそわそわしてしまう女性も多いと思いますが、他人はそれほど気になってはいません。
自分のなかで、すこしだけ我慢して、コンタクトや眼鏡のせっかく不要になった快適な日常生活を思い描きながら、アイメイクをせずに数日過ごしましょう。

解禁してからも、なにかと最初は配慮が必要ですが、正しいルールを守って入ればきっとストレスフリーな生活が送れるようになると思いますよ。
そうなってから、思う存分、マスカラを塗っておしゃれをしましょう!

このページの先頭へ