レーシックを受けた後のカラーコンタクトはOK?
ビューラー

レーシックを受けた後のカラーコンタクトはOK?

おしゃれな瞳をしている若者が、街で多く見受けられます。
カラーコンタクトは、度が入っているものも入っていないものもあり、バリエーションも豊富です。
雰囲気ががらっと変わってイメージチェンジするには、とてもインパクトのあるおしゃれですよね。

カラーコンタクトは、このように矯正以外でも使われることがあるので、レーシック手術以降、
度の入っているコンタクトが不要になっても、つけてもいいでしょうかという質問が多いようです。
一定の制限期間はありますが、カラーコンタクトを着用することは問題ないと言われます。

ただし、その制限期間は3か月。
我慢するには結構長い時間かもしれません。
レーシックの手術では、角膜の形状を変化させますので、角膜が非常にデリケートな状態になっています。
そのうえ、ドライアイにもなりやすいと言われているので、そうした状態にコンタクトでふたをすることが良いこととは言えません。

これは、時間がたっても、同じことです。
乾きやすいコンタクトではなく、レーシック後でも支障のないカラーコンタクトを着用するのであれば、問題がないと思われます。
完走することによって、角膜に傷がつくことがあるためです。
コンタクトを作る際に、あるいは買い替えの際に検診をするのは、こうした角膜への影響や、現在の目の状態を調べることによって、今後も安全に使用できるかを判断するためにあります。

その際に、医師にレーシックをしたことを一言告げることが大切でしょう。
医師も、そうした場合を想定して商品をすすめてくれると思いますし、その際に、あまり目の状態が良くなければ、カラーコンタクトをすることを控えるような指導をするかもしれません。

目に限らず、体には予想もしないことが起こったりするものです。
あらゆる事態を考えて、レーシック手術後は、目に優しい毎日を送ることが安全だと思います。
まずは、医師の指示に従って、レーシック後の目のケアを行っていきましょう。

このページの先頭へ