レーシック後に問題なく使用可能なコンタクトレンズの種類とは
ビューラー

レーシック後に問題なく使用可能なコンタクトレンズの種類とは

煩わしいコンタクトレンズの洗浄と保存。
コンタクトレンズを使用してきた人なら、その面倒なお手入れがなくなるのは、とてもうれしいことですよね。
多くのレーシック希望者が、毎日のそうした煩わしさから解放されるために、レーシックを受けています。
レーシック手術後には、すぐに視力が回復しているのを実感できると感動の声が聴かれるほど、すぐに効果が表れます。

もう、その日から、「コンタクトいらず」の毎日がスタートするのです。
しかし、コンタクトレンズをそれでも利用したいというひとがいます。
それは、カラーコンタクトの利用者です。

カラーコンタクトは、瞳の色を変えて表情をイメージチェンジするおしゃれの一つ。
度が入っているものも、入っていないものも、バラエティ豊かな商品が揃っています。
レーシックで、視力矯正はうまくいったけれど、今後もカラーコンタクトを装着して自分の個性を保っていきたいという若者も多いようです。

カラーコンタクトの仕様は、レーシック後でも可能と言われています。
しかし、一定期間の制限があります。
それは、手術後3か月です。
まずは、レーシックの効果を安全に実感してもらうことが第一ですので、後遺症や副作用などの心配が起きやすい一定期間は、目に何らかの異物を装着することを控えるような指示があります。

ですから、コンタクトレンズ自体が、もう装着不能になるわけではないのです。
せっかく、コンタクトの面倒なお手入れを省略できるようになったのに、わざわざつけなくても…と思う人もいるかもしれませんが、顔は、その人を印象付ける大切な部分です。
カラーコンタクトで自分の個性を引き出してきた人は、今後も付けていきたいですよね。

そうした場合は、カラーコンタクトを日頃から使用している旨を、医師にしっかりと伝えて指示を仰ぎましょう。
安全に使う方法を教えてくれるはずです。
また、コンタクトといえば、視力回復コンタクトhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.tv/28.htmlというものもあるそうです。気になる方は是非チェックしてみましょう。

このページの先頭へ