レーシック手術後はアイメイクはOK?
ビューラー

レーシック手術後はアイメイクはOK?

目の周りのメイクといえば、マスカラビューラーなど、目を大きく見せるメイクがありますが、こうしたアイメイクは、術後一週間は控えることが望ましいようです。
アイメイクそのものが良くないのではなく、化粧を落とす際に目をこすったり眼球に触れたりするリスクがあることが良くないのです。
メイク落としや洗顔の際に、レーシック手術で装着したフラップが、ずれてしまう可能性があるからです。

まつ毛を上向きにカールさせるビューラーや、目の際まで線を引くアイライナー、また、アイシャドウのように、汗などで目に入る可能性のあるメイクは基本的には術後一週間は控えることを医師も指導しています。
アイメイクは、メイクをする女性のほとんどが使用するのではないでしょうか。
大切なのは、レーシック手術の後は、目への影響をとことん取り除く注意をすること。
たとえば、目に触れて感染症になってしまうこと、また、メイク落としの際にこすってしまい、角膜に傷がついたり、フラップがずれたりすること、など、様々な影響が想定されるのです。

そのため、どんなにメイク落としやアイメイクに自信のある女性でも、そうした危険にさらさないような注意が必要なのです。
では、いつからアイメイクが可能になるのでしょうか?
一般的には、ファンデーションなどのメイク自体は翌日から可能となります。
(洗顔が可能となるタイミングに合わせてOKとされます。)

一方でアイメイクは、術後の3日は控えることが必要です。
それ以降に可能となりますが、術後の一週間は、濃いメイクは控え、なるべく薄化粧を心掛けましょう。
アイメイクは特に、落とすのにポイントメイク落としを使用しなければならないことから、お肌のファンデーションを落とすときよりもリスクが高いことが懸念されています。
化粧を我慢することは、女性が日常生活を送るうえで苦痛かもしれませんが、その後の安定した視力を考えれば、我慢できることなのではないでしょうか。
メイクを少し薄くしても、また、アイメイクをしていなくても、実際、他人の目にはさほど気にならないものですよ。
またレーシックと同様注目されているのが、インプラントhttp://xn--eckvdxb1d3bc8541efo6blodx35e.com/choosepoint.htmlです。是非こちらも注目してみてください。

このページの先頭へ