レーシック手術は保険が効くの?
ビューラー

レーシック手術は保険が効くの?

レーシックを受ける前に、絶対に確認しておきたいことがあります。
それは、多くの人があまり関心をもたない「保険」についてです。
レーシック手術は、社会保険などの健康保険適用にはならないものの、多くの生命保険や医療保険での給付があることが知られています。

医療保険は、どんな病気に適用されるのだろう?と疑問に思っている方もいるかもしれませんが、
レーシックなどの矯正手術にも保険が適用されることをみなさんご存知でしたか?
目は、生涯にわたって失うことのできない大切な臓器の一部です。

そのため、手術給付金として保険給付があることがほとんどです。
ご自身が加入している保険のプランによって給付額は異なってきますので、その点も一緒に確認しておくとよいでしょう。
確認方法としては、保険会社への問い合わせが一番です。

まずは、ご自身の保険がレーシックに関して「保険金の対象であるか」「給付される金額」「請求方法」についてチェックしましょう。
レーシック手術は、今では普及しており、どういった手術であるか保険会社も熟知していますので、エキシマレーザーなどの専門的な施術方法などを伝えなくても大丈夫かと思います。
保険給付の一例ですが、ある保険では、一律7,000円に手術の程度や種類によって数倍に掛け算して算出するようです。

たとえば、レーシック手術の場合、7,000円×15倍=105,000円という給付額がでるとのことです。
だいたい、片目の料金に充当できるほどの金額と言えるでしょう。
最近では、レーシック目的で保険に加入する人も増えていることから、新規加入に限って、加入時にレーシック手術時に10万円を保証するという内容の保険もあるようです。

しかし、保険によっては、一定期間が過ぎないと給付がもらえないという仕組みになっている会社もあるようなので、その点も含めて保険会社に問い合わせてみるのをお勧めします。
何にせよ、全額負担という大きな投資をして矯正するのでしたら、給付を使わない手はありませんね。
レーシックが給付対象となる保険会社に問い合わせてみるのがいいでしょう。

このページの先頭へ