レーシックは誰でもできることなの?
ビューラー

レーシックは誰でもできることなの?

ちまたで人気のレーシック手術。
広告や雑誌、テレビなどで、続々と視力矯正に成功して充実した日常を送っている人の声が聴かれますよね。
女性は、眼鏡やコンタクトレンズが不要になり化粧もしやすくなります。
また、スポーツに精を出す人も、邪魔な眼鏡や、ずれたり、汗の入ると厄介なコンタクトレンズとさよならできるので、ぐっと日常生活が楽になるでしょう。

手術自体には時間もかからず、視力回復が簡単にできてしまうこのレーシック、誰でも受けられるものなのでしょうか?
実は、レーシックを受けられない人もいるのが事実。
その判断を最初にするために、レーシック手術の前には、必ず担当医師による適応検査が行われます。
この検査で、レーシックが受けられる条件をクリアした人のみが、手術可能となります。
また青汁http://xn--a-kb9b083j.com/t_sei.htmlにも視力回復効果があります。手術が受けられない方・不安な方などまずは青汁を飲むことから始めてみませんか。

この検査によって、まず角膜がしっかり厚みを持っていることが条件となります。
レーザー手術で、角膜を削る工程があるため、薄いと、削る部分がなく、フラップを作成できませんし、そのためレーシック治療の意味がなくなります。
また、乱視の状態や、眼圧を調べ、レーシック手術に耐えうる目であるか、そして、レーシックの効果がある目であるかをチェックします。

こうして、自分の目がレーシックを受けることができると判断された場合に、はれてレーシック手術への段階に入っていきます。
残念ながら、目がレーシックに適さない場合は、検査終了後の診察で、レーシック不可能を告げられます。
それは、もっとも目の安全を考えての医師の判断ですので、受け入れてほかの手段を探しましょう。
また、レーシックを受けるべきではないケースとしては、妊娠中の女性です。
妊娠中は、医療行為にも制限があり、まず麻酔が受けられません。

そもそも、薬も飲んではいけないので、病院にかかることも難しいでしょう。
母体と胎児に悪影響のないような生活が最も重要な妊婦さんにとってはレーシックは二の次と考えてほしいことです。
また、妊婦さんは、ホルモンバランスの状態によって乱視の状態も変化すると言われています。

そのため、出産と授乳がしっかりと終わり、体内が安定してからレーシックを受けることをおすすめします。
目は、一生使い続けるものです。
レーシックも、快適な生活のためにあるもの。
誤った判断で、目を台無しにしてしまわないよう、医師の診察をしっかり受け止めてレーシックを受けましょう。
こちらのレーシックのリスクhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.ws/24.htmlも是非ご覧ください。

このページの先頭へ