まつげエクステをした後にレーシック手術は行えますか?
ビューラー

まつげエクステをした後にレーシック手術は行えますか?

まつ毛エクステは、かつてはギャルのするおしゃれに代表されるサービスでした。
しかし、現在は、ナチュラルメイクのOLさんや主婦にも人気のサービス。
マスカラをしなくてもまつ毛を長いまま維持できて、お手軽なメイクが可能になる、感動的なまつ毛エクステは、多くの女性の虜です。

マスカラ要らずのまつ毛エクステ、コンタクト要らずのレーシックなど、どんどん余計な手間がいらなくなっていく世の中になってきたのですね。
では、レーシック手術を受ける際に、まつ毛エクステをすることは、可能なのでしょうか。
基本的に、クリニックでも説明があるかと思いますが、レーシック治療の一週間前までに完了していることが必要です。

http://xn--pckp0b6k2cv009ahwvc.name/01.htmlにも書いてあるように、まつ毛エクステ自体が、レーシック手術に悪影響を及ぼすことはありませんが、治療の過程で、まつ毛エクステが取れてしまう可能性があるため、まつ毛エクステがしっかりとまぶたに付いて日常を贈ることができるようになる目安として一週間を設けているクリニックが多いようです。
では、レーシック手術後はどれくらいの期間、我慢したほうが良いのでしょうか。
目安としては、一か月ほどを考えたほうがいいと言われています。

レーシックの手術には、手術そのものを含め、検査、翌日検診、アフターに定期的に行う検診などのサービスを約数日間かけて行い、診察も必要となります。
予約が取れなかった場合は、さらに数日間の日数を置いて検診をすることになりますので、この検診がしっかりと終了し、レーシックが完了したことを確認できてからまつ毛エクステを行いましょう。
まつ毛エクステ側でも、施術自体は行ってくれますが、レーシックをしたことをきちんと告げることが大切です。

場合によっては、目の状態が芳しくないときに、まつ毛エクステを行ったことによって、細菌が感染したりする場合もあります。
レーシックもまつ毛エクステも、自分がお金をかけて行うことですので、結果的に本末転倒とならないような行動を心掛けましょう。
レーシック時に、エクステが取れてしまっても、クリニックは保障はできませんからね。
おしゃれと手術は別のものであることをしっかり認識して、ひとつひとつのルールを守ることが大切です。
また、メリット・デメリットhttp://xn--pckp0b6k2c.la/36.htmlも是非ご覧ください。

このページの先頭へ